うるしぬりたしろ
うるしを塗ります
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
金継ぎについて改めて思うこと

15日はd school わかりやすい金継ぎの日でした。

工程のこと、材料である漆のこと、実演など、1時間半はあっという間でした。

 

終わった後、参加者の方から金継ぎ以外のこと、例えば私の作っている

ブローチみたいなものは趣味で作れますか?と聞かれました。

作れないことはないけど、漆を塗るなら漆風呂を用意したり、刷毛を仕立てたり

色々あって、家庭でやるのは結構なハードルの高さかなー?と答えました。

でも金継ぎならダンボールの簡易風呂で十分、画材屋で売ってる筆でも塗れる。

塗り物よりずっと手軽に始められます。

漆の作業の中で、素人が一番始めやすいのは金継ぎなのでは?と最近強く思います。

だけどやっぱり漆な訳で、あるようで無い、無いようである漆のルール上で作業する。

やってることは「陶磁器の修理」なんだけど、漆でやる金継ぎはちゃんと漆の仕事。

これは試しにエポ継ぎをやってみたとき、はっきり実感しました。

エポ継ぎは工作で、漆の継ぎは工芸だった。みんなが思ってる以上に漆の仕事です。


で、これを教えてて楽しいこと。

陶磁器ラブな人が愛しい器を直したくて金継ぎを始めて、やればやるほどあら不思議、

漆にどんどんハマっていっちゃう。塗りのお椀を使ってみたくなる。

私のやっていることは、お椀を作ることと金継ぎを教えること、

バラバラに捉えてる人は多いけど、実はちゃんと繋がっている。

漆ラブな人を増やすのに貢献中なのです。

2017年下半期 橙灯金継ぎ教室

下半期 橙灯金継ぎ教室のお知らせです。

 

18:30〜20:30
1回目 7月3日
2回目 8月7日
3回目 9月4日
4回目 10月2日
5回目 12月4日

 

受講料 25920円(お茶とオリジナルのおやつ付き!)
道具代 9180円
※道具はお持ちの方はご相談下さい。足りないものをお知らせします。

(予備日11月13日)

時間 18:30~20:30

※作業後にお茶の時間があります。
※1回の作業時間は大体1時間半から2時間です。最後の仕上げ回のみ3時間弱かかります。

※参加できない日があった場合でも、キャンセルのご返金はいたしかねます。

欠けた器3、4点、割れた器1点程度を5回で完成させます。
反復の工程はご自宅で作業して頂きます。
1回から4回は2時間、仕上げの日のみ3時間弱の講座になります。
家で使っている器、ちょこっと欠けたもの、気になりますよね。
服のほころびをササッと繕うように、欠けたものが直せるといいなと思います。
この教室では受講後にちょっとした欠けをご自身で直せるように、
金継ぎの基礎的なことを学びます。
大きな欠けは難しいので、まずは小さい欠けを。
欠けの大きさは〜5ミリ前後をお勧めします。
割れた器はパーツが4つくらいまでが目安です。

(この教室で出来ることについて、以前ブログに書きました。→

 

内容についてのお問い合わせは、メールフォームまたは
juntashi127☆gmail.com(☆を@に)まで。
お申し込みは橙灯さんまで。

2017年下半期 jokogumo 金継ぎ教室

 

jokogumo2017年下半期金継ぎ教室のお知らせです。

7月1日

8月5日

9月2日

9月30日

12月2日

全5回クラス
(予備日11月11日)


※参加できない日があった場合でも、キャンセルのご返金はいたしかねます。

場所 うえぐも
時間 Aクラス 11:00~13:00
       Bクラス 14:00~16:00
定員 各クラス4名
受講料 23220円
材料用具代 9180円
※道具はお持ちの方はご相談下さい。足りないものをお知らせします。

直せるもの 欠けた器3、4点(〜5mmまでのもの)割れた器1点(4パーツ以内)

欠けた器3、4点、割れた器1点程度を5回で完成させます。
反復の工程はご自宅で作業して頂きます。
1回から4回は2時間、仕上げの日のみ3時間弱の講座になります。
家で使っている器、ちょこっと欠けたもの、気になりますよね。
服のほころびをササッと繕うように、欠けたものが直せるといいなと思います。
この教室では受講後にちょっとした欠けをご自身で直せるように、
金継ぎの基礎的なことを学びます。
大きな欠けは難しいので、まずは小さい欠けを。
欠けの大きさは〜5ミリ前後をお勧めします。
割れた器はパーツが4つくらいまでが目安です。
(この教室で出来ることについて、以前ブログに書きました。→
お申し込みお問い合わせはjokogumoへ。

contact◎jokogumo.jp(◎=アットマーク) まででお願いします。
メール表題を金継ぎ教室とし、希望クラス、お名前ご連絡先、
道具類の有無をご記入の上、お申し込み下さい。

2017年下半期 松庵文庫金継ぎ教室

下半期 松庵文庫金継ぎ教室のお知らせです。

1回目 6月29日
2回目 7月31日
3回目 9月28日
4回目 11月9日
5回目 11月30日

 

場所 松庵文庫
時間 14:30~16:30(5回目のみ14:30~17:30)
定員 8名
受講料 23220円
材料用具代 9180円
※道具はお持ちの方はご相談下さい。足りないものをお知らせします。

直せるもの 欠けた器3、4点(〜5mmまでのもの)割れた器1点(4パーツ以内)

欠けた器3、4点、割れた器1点程度を5回で完成させます。
反復の工程はご自宅で作業して頂きます。
1回から4回は2時間、仕上げの日のみ3時間弱の講座になります。
家で使っている器、ちょこっと欠けたもの、気になりますよね。
服のほころびをササッと繕うように、欠けたものが直せるといいなと思います。
この教室では受講後にちょっとした欠けをご自身で直せるように、
金継ぎの基礎的なことを学びます。
大きな欠けは難しいので、まずは小さい欠けを。
欠けの大きさは〜5ミリ前後をお勧めします。
割れた器はパーツが4つくらいまでが目安です。

(この教室で出来ることについて、以前ブログに書きました。→
お申し込みお問い合わせはjuntashi127☆gmail.com(☆を@に)

メール表題に松庵文庫金継ぎ教室とし、希望クラス、お名前ご連絡先、

道具類の有無をご記入の上、お申し込み下さい。