うるしぬりたしろ
うるしを塗ります
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
金継ぎについて改めて思うこと

15日はd school わかりやすい金継ぎの日でした。

工程のこと、材料である漆のこと、実演など、1時間半はあっという間でした。

 

終わった後、参加者の方から金継ぎ以外のこと、例えば私の作っている

ブローチみたいなものは趣味で作れますか?と聞かれました。

作れないことはないけど、漆を塗るなら漆風呂を用意したり、刷毛を仕立てたり

色々あって、家庭でやるのは結構なハードルの高さかなー?と答えました。

でも金継ぎならダンボールの簡易風呂で十分、画材屋で売ってる筆でも塗れる。

塗り物よりずっと手軽に始められます。

漆の作業の中で、素人が一番始めやすいのは金継ぎなのでは?と最近強く思います。

だけどやっぱり漆な訳で、あるようで無い、無いようである漆のルール上で作業する。

やってることは「陶磁器の修理」なんだけど、漆でやる金継ぎはちゃんと漆の仕事。

これは試しにエポ継ぎをやってみたとき、はっきり実感しました。

エポ継ぎは工作で、漆の継ぎは工芸だった。みんなが思ってる以上に漆の仕事です。


で、これを教えてて楽しいこと。

陶磁器ラブな人が愛しい器を直したくて金継ぎを始めて、やればやるほどあら不思議、

漆にどんどんハマっていっちゃう。塗りのお椀を使ってみたくなる。

私のやっていることは、お椀を作ることと金継ぎを教えること、

バラバラに捉えてる人は多いけど、実はちゃんと繋がっている。

漆ラブな人を増やすのに貢献中なのです。

金継ぎ修理受付

うえぐもでの漆継ぎ展で、陶磁器の修理受付をします。

見積もりをその場でして、お預かりします。  

私が修理を受け付けているものは陶器と磁器です。

ガラス、漆器、骨董品、釉薬のかかってない器はお受けできません。

また接着剤でくっつけているものは、外して接着剤を完全に除去した状態でお持ちください。

剥がし方はメーカーにお問い合わせください。

汚れがある場合は洗浄してお持ちください。 

 

修理代目安

 

欠け

5ミリ 2000       

10ミリ 2800         

15ミリ 3500

20ミリ 4000

 

深い欠け、欠損        

5ミリ2500 

10ミリ 3300      

15ミリ 4300      

20ミリ 4800 

 

割れ ふたつの割れ

4500円(湯のみ、飯碗くらいまでのもの)

7000 (飯碗より大きいもの)

ふたつ以上に割れている場合 10ミリにつき800

ヒビ 10ミリにつき800

 

この他にjokogumoへの手数料が1000円(2個目から1個につき500円)かかります。

 

 

金継ぎ修理の対面受付をします

1年ぶりにd47 design travel storeで金継ぎ修理の対面受付をします。
d47で金継ぎ教室をやっていると、お客様が教室や金継ぎについて
カウンターで問い合わせているのをよく見かけます。
金継ぎはぼんやり知っているけど、具体的にどこで習えるのか、
修理窓口はあるのかなど、情報が届きにくいのかなと思います。

自分で直してみたい、簡単な直しが出来るようになりたい方は教室へ、
直したい器は1点だけとか、漆はかぶれそうで怖い、不器用という方は、
どうぞこの機会にご相談下さい。
修理代の目安は下記にありますので、ご参考に。
対面受付のいいところは、直し方や仕上げを相談できること。
仕上げは金、銀、錫粉の他に、漆仕上げも選べます。
金継ぎというと、金のイメージが強いけどバリエーションが色々あります。
写真は白漆仕上げです。
器に合った仕上げを提案出来ると思います。
お気軽にどうぞー。

要予約ですので、下記までお申し込み下さい。

 

場 所:d47 design travel store 渋谷ヒカリエ8階
日 時:2016年11月06日(日)14:20〜20:00 ※1人20分程度

 

<お預かり方法>
当日店頭持ち込みをお願いします。できる限り器の破片をお持ちください。
また、汚れは落としてからお持ちください。修理完了後のお受け取りもご来店をお願いします。

 

<お申し込み方法>
d47 design travel store店頭、

電話(03-6427-2301)にて、下記をお伝えください。
「金継ぎ受付」
①名前
②電話番号
③ご希望の時間帯
④ご希望修理点数 ※最大5点まで
※14:20から20:00まで、20分ごとのご案内です。当日は前後する場合もございます。
時間に余裕をもってお越しください。

 

<お預かりできるもの>
陶磁器の欠け、割れ、ヒビ
※ボンドで接着してあるものは受付けられません。

接着剤をすべて除去してお持ちください。

使用したボンドのメーカーに問い合わせると、除去方法を教えてくれます。
外すだけでなく、付着しているボンドも除去して下さい。
(残っている場合、手数料を頂くことがあります)
ボンドのメーカーが不明の場合は、メールフォームよりご相談下さい。

 

<お預かりできないもの>
ガラス、釉薬がかかっていない器、骨董品

私は塗りの仕事をベースに直しをしています。
ガラスの上に本来漆はのりません。
ガラスの修理は専用の接着剤、ガラス用漆、下地材などを使用します。
私は漆だけを使用して修理しているため、ガラスは受け付けていません。

 

<納期>
約4ヶ月程度

 

<修理代目安>
■欠け
〜5ミリ ¥2,000
〜10ミリ ¥2,800
〜15ミリ ¥3,500
〜20ミリ ¥4,000
■深い欠け、欠損
〜5ミリ ¥2,500
〜10ミリ ¥3,300
〜15ミリ ¥4,300
〜20ミリ ¥4,800
■割れ
2パーツ
¥4,500〜(茶碗、湯吞み、小鉢などが目安)
¥7,000〜(上記よりも大きい器)
3パーツ以上
10ミリにつき ¥800
■ヒビ
10ミリにつき ¥800
※表面の状態や器の厚みで料金は変動します。
※上記は漆(弁柄)で仕上げた場合。銀仕上げは1割増、金仕上げは3割増。
※手数料として、1点につき¥1,000を別途いただきます。
※料金はすべて税込表記です。

 

<お支払い>
受付時に半額を内金としてお支払いいただき、お受け取りの際に残金をお支払いください。

 

<修理後のご使用にあたって>
直した器の扱いは漆器と同様です。食洗機、電子レンジではご使用いただけません。
長時間水に浸すこと、直射日光はお避けください。
直した器は壊れる前の強度にはどうしても劣ります。
ひっぱりには強いですが、衝撃には弱いため、修理後の取り扱いは丁寧にお願いします。
マグやポットの取っ手については特にご注意ください。

てくり「なおす」を選ぶ。と金継ぎについて

今日発売のてくり22号は、「なおす」を選ぶ。

金継ぎについて掲載して頂きました。

本の修理、椅子のリペア、樹木医、ピアノの調律、馬具屋さんの

「なおす」、どれもこれも面白い。

買い換えたいものもあるけど、直していきたいもの、あるなぁ。

 

金継ぎの修理依頼窓口は、盛岡のひめくりです。

お店の方が見積もりをして下さいます。

ご自身で直してみたい方は、教室へどうぞ!
現在、レギュラーの金継ぎ教室は、盛岡・岩手県公会堂、東京・jokogumo、

d47 design travel store、松庵文庫、横浜・IZUMO[utsuwa]の6か所。

それと9月から、短期の教室が石巻・観慶丸本店で始まります。

 

平日の昼間はお仕事ある方からリクエストがあり、

夜の教室の開設を検討中です。
まずは盛岡から始めてみたいと考えています。

全5回の教室で、毎月第二第四火曜日の夜間です。

受講希望の方が4名集まったら開講したいと思います。

ご興味ある方、juntashi127☆gmail.comまでご連絡下さい。(☆を@に)