うるしぬりたしろ
うるしを塗ります
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 金継ぎ教室問合せ先の訂正 | main | 東京での金継ぎ修理対面受付 >>
田代淳うるしのしごと展 終わりました

田代淳 うるしのしごと展、無事終わりました。

今回DMは本城まい子さんにイラストをお願いして、ラフがあがってきたとき、
棚にいっぱいの器が並んでいて、どうしよう?こんなふうに出来なかったら?と
ドキドキしましたが何とか並べることが出来ました。
ここ数年楽しくて続けている動物の絵シリーズは絵皿を沢山持って行きました。
動物を描き始めたきっかけは、友人の子供と仲良くなりたくてお箸に描いたことです。
そんな友人の子供ももう小学校高学年。
あのときのお箸はもう短くなってしまったはず。
今度会ったらどんなお箸を使いたいか聞いてみよう。

私はだいたいいつも自分で作ったブローチを身につけていて、
それを見ていた金継ぎ教室の生徒さんたちがブローチを買いにきてくれて、
これこれ!欲しかったんです!と言ってくれるのが嬉しかった。
お客さんがその場で着けてくれて、それを見るととてもかわいくて、
(自画自賛上等!なのです)
嬉しかったなぁ。

jokogumoの小池さんはてはじめ椀やお皿を使っているところを
ブログで紹介してくれて、実物を見に来てくれた方が沢山いらっしゃいました。
またフラスコで開催していた「山崎文具店」では日替わり女将のランチのとき、
てはじめ椀を使っていただき、使って来たよー!と嬉しいお話聞きました。
とにかくご来場いただいた皆様、ありがとうございました!



個展の一番最後のお客様に「動物の絵が岩絵のようだ」と褒めてもらい、
岩絵のことを少しネットで見てみました。
なるほど!
そして本物が見たいと思ったけど、ラスコー洞窟は一般公開されていないそう。
初海外旅行か??という束の間のドキドキ感。夢って儚い。
というわけで、追加注文分の上塗りに入ります。