うるしぬりたしろ
うるしを塗ります
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 金継ぎについて改めて思うこと | main | café Lotta金継ぎ教室 >>
田代淳 うるしのしごと

16日から神楽坂のjokogumo別室「うえぐも」にて、田代淳うるしのしごとが始まっています。
最近告知はInstagramとfacebookページを使うことが多く、ブログの更新が抜けてて冷や汗かきました! 展示にはjokogumoのお客様や、金継ぎ教室の生徒さんなど沢山来て頂き、
夜に熱を出すほど興奮してしまいました。 今回はここ数年私が楽しく作っていた子供椀を多めに展示しました。
友人に子供が産まれると動物の絵が付いたお椀をプレゼントするのですが、段々それでは飽き足らず、
生まれ年の干支を描いてみたり、家具屋の店主の子だからイームズの椅子、名前からイメージするなどなど、
勝手にお題を貰ったつもりで考えました。
これが凄く楽しい。
お椀の底に絵を描くのは、食べ終わった後に動物の絵があったら、ご飯を食べるのが楽しくなるかな?と想像したから。
友人たちに話を聞くと、食べ終わるとニコニコしてたとか、味噌汁大好きなんだよ!とか、思惑通りで嬉しい。

赤ちゃん連れのお母さんが次々いらして、楽しそうにお椀を選んでるのを見ると、
おお、私の楽しみで作ってるものが世の中に受け入れられてる!と、嬉しくなりました。

これは去年産まれた、ろくたのためのお椀。 字は違うんだけど、ろく、から六で、オオカミを六匹。

会期は今日を含めてあと三日。お知らせ遅くなりましたが、お待ちしています。